年別: 2020年

初めてのスイーツバイキング

休日を使って友達と東京スカイツリーの近くの「すみだ水族館」という水族館に行ってきました。

水族館を見た後、お腹がすいたので友人とソラマチの6階にある「salon de sweets」というバイキングに。私はあまり甘いものがたくさん食べられるわけではないのであまり乗り気ではなかったのですが、友人がどうしても行きたいって。

実際に入店してみると、中はスイーツだけでなくパスタやパン、バターライスやクラームチャウダもあり、甘いものだけでなく、気軽に入れるような店内でした。

また、スイーツも種類が豊富でたくさんの種類を少しずつ食べられるので満足できます。70分という時間制限はありますが、その時間内でも本当にお腹いっぱい食べられるようなお店です。店員さんもイメージより男性が多かった印象なので男性の方でも気軽に入れると思います。

ドリンクバーやお酒もあったり、ディナーの特別なメニューもあるみたいで、私はお昼に友人といったので夜のメニューがとてもおいしそうでした。なので、夜でも行ってみたいなと思います。

お店の位置が窓に近く、お店を出た時にお昼でもきれいな景色だったので夜ならもっときれいだろうなと感じました。カップルにもすごくお勧め!

インテリア再考

部屋のインテリアを変えようと思い、まず少しづつ部屋の整理からスタートしました。

持ち物を減らしたすっきりした部屋というのが理想だったので、1年間着ていない洋服や、最近ずっと聞いていないCDなど、週末に特に時間をつくり必要なものを残すようにしていくと、自然とモノも淘汰されてゆき、手元には普段使っていたり、長年のお気に入りのものだったりするものが残りました。

窓辺に置いてある3段の木製の棚にもいろいろとディスプレイしていたのですが、残ったものをみてみると1段程度ですむくらいの量だったので、かえって空いているスペースが目立つようになっていました。

そこで、そのスペースに置くものとして、新たにワイヤーのカゴを購入し、雑貨を入れて目立たせないように収納してみたり、クローゼットの中にずっととっておいた横長の大きめの写真やポストカードなどを入れて飾るフレームを使って、中に大好きなパリのエッフェル塔が描かれたイラストや、パリに訪れた際に購入したレターセットなどを入れて飾ったりしています。

今まではあるものを何となく置くだけだったのですが、部屋を整理することによって、自分の好きなインテリアというのを考えるきっかけとなりました。